tsueks

破壊活動家

家庭内暴力

主に家庭内暴力の話です。「あいつ」とはぼくの兄弟(弟)のことです。

「きもい」「肌白くね、やば(ひきこもりだから)」っていわれてそれを咎めたら「ああ、めんどいめんどいうるせえ」って。いわれました
あいつは言いたい放題、言った者勝ち。死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね。それであいつに「死ね」っていったら、「こいつひでえ」って。
逃げ道すら塞がれる。それが王と奴隷の図式。それは悪しき制度。生きるに値しない世界。死ね死ね死ね死ね死ね死ね。
あいつはわらっている。ぼくは殴りたいのを我慢してメモ。これを書いている。殺したい。殺したいっていうと、「こいつ最低」っていわれるだけ。
ぼくは長年の経験でどうせ無駄だと悟っても、そのまま耐えることによるストレスで内面が毒されていくのを感じて、咎め続けたが、
「おまえは気にしすぎなんだよ」
といわれ、
「きもいっていわれて気にしない奴いないだろ」
と返したら、
「じゃあおれにきもいっていってみろよ、絶対気にしねえから」
ってもう。だめだ。頭おかしい、笑えてくる。やはり何を言っても無駄だ。7000回繰り返してきたことだけどね。一生なおらないだろう。外では絵に描いたようにいい子だが、家ではぼくをサンドバッグにする。そしてあいつには何のペナルティも科されない。
必ずあいつにつけがまわるように。

思えば、
「悲鳴をあげた方が損をする」という地獄より地獄みたいなお約束による被害者を10年くらいやってきた。いつも些細な復讐で怒られてきたから、自分は加害者なんだなと自分をせめた。しかし実際はそうではなかった。相手にそう仕立てあげられていただけだったのだ。それを自分で知ったときはもう遅かったけど。誰も教えてくれないとか流石自殺者量産大国ですねとしか。
些細な復讐は弾圧される。そのとき相手は一番の被害者を演じるから。そして思考停止した大人がその罠に引っかかる。絶対王政の敗者はどう転がっても敗者だから。そういう組織作りがなされているから。やられた側が恥ずかしくなるあの感じ、誰も味わいたくないと思うんだけどなあ。潰しましょう。中学校みたいだなーくだらない。

でもどうやって潰せばよいのか。隔離するっつっても現実的じゃないし。警察に突き出す勇気も無いだろうし。そういえば10年くらいまえ、ぼくはあいつが児童相談所に世話になる話を両親に持ちかけた。母親は半ば同意した。もうそれしかないと思った。しかしその話も風化された。そのときは本気だった。でもいま考えると、現実的じゃないなと主に思う。
父親は「そのときは必ず助ける」といった。しかしそういった事態が実際に起こると、「おまえらの間の話だろ? おまえらで話し合えよ」っていわれた。目の前が真っ白になった。話し合えねえからSOSを出しているのに。絵に描いたような毒親ですね! ぼくは問題児共に八方塞がりにされて、度々家を抜け出した。寒い冬の夜も。程なくして帰ると、問題児共は何事も無かったかのようにテレビを観ていやがるのでした。
それと、「現行犯だからどうにもできない」っていうのも常套句だった。だから、それを利用して親が外出中のときなど「誰も見ていないところ」でやられた。当たりどころが悪かったら死んでいたかもしれないというレベルの暴力を何度も受けた。その舞台は学校にまで及んだ。周りの連中も加担した。ぼくはサンドバッグとして最適な存在だった。
そして「チクったら殺す」って毎回いわれてきた。「おれをキレさせたおまえが悪い」という考えで。チクってもどうにもならねえけどな。心身ともに死んでいった。ぼくはいつしかあいつの足音がするだけで身構えるようになったし、何もなくてもあいつが自分の後ろを通ったら背筋を伸ばし、背中に力を入れ、張り詰めるようになった。
閑話休題
先にいっておきますが、道徳教育は無駄ですので。「暴力を続ける奴とは離れるべきだ、クラス制度を廃止しろ! そして治外法権にするな!」ってのが学校なんですが、家庭内でもこれは通用するだろうか。なかなかむずかしそうですね。。簡単に離れたりできないし、だからこそ必要とされる「治外法権にさせない」も機能しなさそうだし。家庭ってのはそもそも治外法権にさせる何か」が巣食うことを免れないのかもしれないな。恐ろしい世界ですよ本当に。でも、警察とはいかないまでも、暴君が暴力をすることによって不利になるようなシステムを各家庭で構築していくことはできるのではないか。でもそれは必ずしも暴力を完全に封じるのではない。内容による。母親は度々「親の愛情が足りなかった」と嘆いてきた。真偽のほどは定かではないが、なるほど、加害者側もまた被害者なのかもしれない。自分の内面に在る、ある種の不満を解消するために暴力も厭わなかったのかもしれない。だからそのへんの判断も重要だ。完全に擁護の余地の無い暴力にのみ適用するべきだ。とはいっても、よい案が思いつかない。
だからつまり、家庭内暴力の発生を防ぐことは非常に難しいかもしれない。でも、発生したあとに、被害者が納得することはできるかもしれない。斎藤環氏が、「いじめ後遺症で大切なのは被害者の納得」といっていたし、やはりここを目指すことが賢明なのかもしれない。つまりは相手につけがまわればいいってこと。

「もう終わったことだし」っていわれて相手にされないかもだけど。ぼくはそれを通用させない。いままで耐え難いストレスを受け続けてきたし、自分の中に「後遺症」に似たものがあるから。


死んでいいですかね、真っ暗だよこれから先、どうしてくれるの。あともって数年。死ぬことが何よりもの復讐だ、なんてたまにおもうわけだが。
死んだら困るのに死ぬまで追い詰めるなんて愚か極まりないですね。
生きてほしいなら死なない世界にしろや。誰もやらないなら自分がやります、そもそも死ねないし(多分)。

‪一緒に自殺しませんか、だれか。

完璧主義

‪病名のつくものではないかもしれないが、異常なほどの完璧主義に苦しんでいる。‬

 

その性癖は物心ついた頃からあった。‬原因はわからない。

 

あるミッションが何の前触れもなく自分に課される。課すのは自分だ。それを達成するために動くが、達成できない。つまり自分が納得する動きができない。何度やっても無駄だ。達成は不可能に思える。疲れる。だが妥協できない。妥協することを自分が許さない。納得したと思ってもどこかフェイクの匂いがする。チャレンジをやめたら、一生苦しいわだかまりをかかえたままだと思う。だからそれを避けるためにチャレンジするが、納得する動きができないからミッションを達成できず、結局苦しいままだ。

 

そしてそのミッションの内容が本当にくだらない。徒労以外の何物でもないのである。

 

幼い頃からチックの症状があり、ピークを境に快方に向かったが、微弱なものは今でも続いている。それもこの完璧主義によるものだろう。このように完璧主義は自分に様々な苦難をもたらした。

 

ミッションは脳髄に突き刺さったままだから、常に思考の中心にある。

この苦しいわだかまりをかかえたまま、一生続くのではないか、もう逃れられない、一生倒せないラスボスなのではないかと危惧する。

抗っても無駄だ。

‪そして何も手につかなくなる。人生が空虚になる。それのせいで注意が散漫になる。動けない。

 

死にたくなる、でもこれで死ぬのは屈辱的すぎる。

だが死ぬ以外に救いは無いような気がする。生きるとすれば危険ドラッグを服用する以外にどうしようもないかもしれないから。

透明な吐瀉物

不協和音、不調和、ダーク、黒い渦、混迷。
それらを塗り替えるような、美しいものとはいったいなんだ、どれだと、美しいものを探る。めを閉じる。
音楽を身に付ける。
音楽はどれも美しかった。美しくて自分にあわない。いまの自分の感情にあわない。だれかの音楽は自分以外の人間のものだった。美しさに救われない。自分はいま、普遍的なものの外にいる。

自分のためのものは自分しか知らない。
いまの自分のためのものとは、不快な不協和音、不調和、ダーク、黒い渦、混迷。
それらは個人的な吐瀉物。
形はないのに色はある。透明な真っ黒が見える。

どうにもならない気がするよ、でも吐いてやりたい。でもそれでどうなる? ああああ

いままでぼんやりしたまま抱え込んでいたBISHに対する違和感が、はっきりとしたかたちになった。

それをいつか表明したい。

でも、自分以外にそう考える人はいないのだろうか。もしそうであれば自分は潰されてしまうだろう。

送りようのない手紙

ぼくは眠気を感じながら、使わずじまいのレポート用紙を破いて鉛筆を持った。ぼくはあの人に手紙を書こうと思った、送りようのない手紙を。

 

あなたが死んだら悲しむ人が4000人もいるのですね、ぼくなんて0人ですよ。ぜろ。人生が決定されちゃっていたんです、うまれたときから、ぼくらは。もうどうしようもありません。あなたはまぶしすぎますし、うらやましすぎてなりません。それにくらべて自分はなんなのでしょう。あなたとくらべて、なにが劣っていたのでしょう。こわすぎます。恐ろしすぎる。生存の根本的なところでつまずいてしまいました。それはある種いちばんの不幸だといえるかもしれません。

 

ぼくはそこまで書くと、机に突っ伏して貧乏揺すりをした。眠い。だが不安と恐慌で眠れる気がしない。どうせこのままのっぺりとした無価値な人生なら、31歳くらいまでに死にたい。

ぼくはあの純文学作家が中年になってから言った「自分がこの年まで生きているとは思ってもみなかった」という言葉を思い出した。
かれは作家となって生きる手応えというものを掴むことに成功したのだろう。では自分もそれに成功すれば生き続けることを選ぶ? しかし何をもって成功したといえるのか? ともかくかれは、それを求めて書き続けたに違いない。

 

わかっている、ぼくは何も劣っていない、ただ、ひとりであるというだけだ。生きはじめた場所で生きはじめたのは偶然だし、必然的にそこのやりかたで動いてきた。その結果なのだ。ほら、何も劣ってなんかいない。
だからやることはひとつだ。それは非難されるようなものではない、断じて。自分のためにやる。それだけだ。


そして、あなたは天使かもしれない、しかしぼくはあなたをそう名付けることはしない。ぼくはたまに麻痺してしまうから。


消えない。さっきから焦燥に内面を席巻されているのです、これには終わりが来るのか。そしてそれは狂気や含羞に様変わりして渦巻く。それすら汲み取ってくれる場所はあるのか、ぼくはそんな暗渠を探しているのです。

 

あなたにはたぶん関係ないことの色々ですが、あなたにもあるいはわかってくれるということがあるかもしれないとかんがえたから、書いたのです。

 

ぼくは鉛筆を置いた。気付いたら夜中の3時をまわっていた。