メルテブルク

殺傷ブルース、オーデンセの鳥

音楽とそれに関するその他諸々 まあ、結局は音楽

今は気分が良いとは言えないが、悪くはないから、音楽とそれに関するその他諸々について書いてみようと思う。思いつくままに。

 

ここのところ、気分の浮き沈みが激しい。次いつ沈むかは時間の問題である。浮き沈み。

の子さんはこのようなことを言っていた気がする、「神聖かまってちゃんは両極端である」と。両極端。それはの子さん自身の内部に存する躁鬱そのものだ。自分の浮き沈みが躁鬱と呼ばれるものなのかはわからないが、自分がこのところ感じているのは、他でもない「両極端」である。そこで腑に落ちた。

それによって、今の自分の状態を「そういうものなんだ」と納得することができた。安心感を得ることができた。

神聖かまってちゃんをよりふかく理解できた気がする。

 

2017年に入ってから、日本語で歌われる音楽を聞く頻度が低くなった。

「自分のために歌われた歌などない」とBUMP OF CHICKENが歌ったのは10年前のことか。

それを初めて聴いた5年前は歌詞なんて理解しようとしなかった。けれどもこのところ、このフレーズが、ノックもせずに思い出したように入ってきた。

他人の詩は他人の詩だった。理解できてしまう日本語には、特に沈んでいる自分には慎重に触れる必要があった。

どうしようもない。どうしようもなさがあった。逃げるようにThe BeatlesThe DoorsThe Smithsを聴いた。英語は理解できないから。そしてクラシックを聴いた。なるべく明るくない曲調の曲を。

どうしようもなさは、「言語化できない」という叫びを内包していると思う。そして、そのためにクラシックやインスト曲があるのだということを今更ながら知った。

 

......。

 

神聖かまってちゃん『バグったのーみそ』を聴き直してみる。『バグったのーみそ』それそのものがそこにある。詞は歌うためのものなのか。

死か見せかけか

これからの自分の人生は、死か見せかけかだ。そして、見せかけは、生きるに値しない。

死を越えるものは無い。それなのに、生きている。

 

これは真実なのかどうなのか、言い切ることはできない。ともあれ、こう思惟したことが事実であるのは確かだ。

 

自分は今、書いている。ただ、書いている。『海辺のカフカ』の佐伯さんは、ただ、書いていた。書き終えた瞬間、死んだ。自分もそうなってしまうのだろうかと思った。佐伯さんは、仕事をしているときも、常に心がどこか別のところを向いている。そんなふうに生きる自分を容易に想像することができる。

 

いつまで続くのか。ずっと続くのなら、永くは生きていたくない。

自分の人生において、至上最悪の状態かもしれない。至上最低と言ってもいい。なぜなら、その「悪」とは、今までとは違って、許されない類いのものだからだ。これほどどうしようもできないのは初めてだ。

晴れないのは必然的なことで、誤魔化せるものではない。

場を乱す精神的奇形

吐き気を催す大衆歌の流れるリビングを後にし、机に向かう。

 いつもの苦しいスパイラルに陥る。逃げ道は無い。コウハクに唾を吐く人がほしいだけだ、でもそれは叶わない願望として、老廃物同然に、胸にたまる。

だからせめて、耳を塞ぐ。

水分補給するために冷蔵庫へ向かう。拒絶反応を起こす歌が耳に届く。発狂したいのを堪えて目的をこなすが、我慢できずに毒づいてしまう。何も悪くない人に。ガンジーのするようにすることができない自分の醜さを嫌う。

年末年始は、多くの人間が集まる。その人間たちとのかかわりの中で、人間不適合者である自分は、人間不適合者であることに、普段以上に苦しむ。昔から、そういう場では息苦しく、帰り際には精神的にも肉体的にも不調をきたした。

明日は皆、神社にお参りというものをしにいくようだが、自分には、その行為の価値が皆目わからない。だから、車待機だ。それはまるで刑罰である。

刑罰。昔から自分は、刑罰を受けるべき存在として生きてきたようだ。

葬式もいらない。お悔やみの気持ちをあらわすのに、あのような式を開催する必要がどこにあろう。

 

復讐心がある。膨れ上がるそれを爆発させるために、再来年に行われる自分の年代の成人式に、自爆テロを起こしたいという欲動がうまれてきた。秋葉原殺傷事件の再来か。しかし、それは最悪の結末であり、普段の自分なら絶対に考えつかないことである。理性が消えたときに、それは正当化される。だから、自分は、理性を保ち続けなければならない。理性が完全に消えてしまうかもしれないと思うと、怖い。

あるいは、これを読んだ誰かが石岡署に通報して、自分は犯罪予告犯として逮捕されるだろうか......

 何故自分はここまで書くのか。傍から見れば、狂気の沙汰である。しかし、これは現実で

あり、書き留めなくてはおられないような気分に駆られるのである。

 

毎秒死にたい。

音楽業界のトレンドは死んでいる。腐っちまえばいいよ。

無い

無いしか無いのだからしかたがない。もはや人間ではない。