読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

短編小説

共鳴

あのとき、僕の背中には、ごつごつとした鈍い感触が、一定の間隔を置いて広がっていた。しかし、それは僕にとって、歩くことをやめる理由になるほどの違和ではなかったから、そのまま、構わずに歩を進めた。だがその違和は、徐々に強度を増し、ゆっくりと僕…