tsueks

破壊活動家

世界平和のために

最初に。


f:id:tsueks:20150204012549j:plain


[2015.2.3茨城新聞p.4]より。これは重要なメッセージです。

人は死ぬとき、現実を手にします。精神分析の話です。
人が法律を犯そうとする情動や行動が起こる源は、「恐怖」という感情です。
ぼくは、人の一等の恐怖(「本当の恐怖」ともいえるでしょう)とは、人が「人間」である以上、「死」であると考えています。
イスラム過激派は、自らのあらゆる敗北による絶望が原動力であるといわれています。
絶望は幻想です。つまり、「現実」ではないのです。これも精神分析の話です。

絶望は恐怖ではないのです。だから、絶望によって他者を攻撃することは矛盾しているのです。

ではなぜイスラム国は処刑や殺害を行うのでしょうか。ぼくはこの問いにこう答えます。
イスラム過激派及びイスラム過激派の思想を支える人たちは病気だからです。」

当然ですが、私たちの目標は世界平和です。

ぼくのこの考えを未来に投げかけます。そして、できるだけ矛盾しないものにすることを目標に、これを発展させていきたいと考えています。

2015.2.4