読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくは精神障害者です

昨日のエントリ『精神障害者の居る家庭で』では、精神障害者の患者の安静のための良好なコミュニケーションや生活環境の重要性について述べました。
ぼく自身、精神障害者(精神病者)なので、家族全員に「自分は精神障害者(精神病者)である」という事実をはっきりと伝えました。伝えるときには、伝え通すための強い信念を持たなければ伝わらない場合があるので、ぼくは強い信念を持って伝えました。

ぼくがこのブログを書き続ける目的は、「自分の体験を晒すことによって、誰かが生きる上でのヒントを摑んでくれたら」という希望を放ち続けることであり、ぼく自身がそうし続けるべきであるのだという決意表明でもあります。