『青い鳥』

重松清『青い鳥』の表題作『青い鳥』読。社会学者の宮台真司さんのいう通り、本当の「いじめ」がかかれていた。いじめに関して正当な見解を持っている作家がこれまでに居ただろうか。そして、作品への落とし込み方が素晴らしいほど上手いと思った。
その後、映画版がYouTubeにあがっていたから、観た。細部まで良く再現されていて、演技に心を打たれた。