読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

確率という病

ぼくがかかっている病気は、「運命」という病気です。そこらへんの空気が、ぼくがその病気にかかるように命じました。
なぜ「運命」というのかというと、アルコールによる癌のような病気ではないからです。つまり、かかる原因が無いのです。ぼくじゃなくても、誰でも良かったのです。
なのに......
ああ、すべては偶然なのでしょう。
「運命」は、ぼくの人生をひどく苦しませ、悲しませています。