反吐

遠くから近くから射殺したい

透明な吐瀉物

不協和音、不調和、ダーク、黒い渦、混迷。
それらを塗り替えるような、美しいものとはいったいなんだ、どれだと、美しいものを探る。めを閉じる。
音楽を身に付ける。
音楽はどれも美しかった。美しくて自分にあわない。いまの自分の感情にあわない。だれかの音楽は自分以外の人間のものだった。美しさに救われない。自分はいま、普遍的なものの外にいる。

自分のためのものは自分しか知らない。
いまの自分のためのものとは、不快な不協和音、不調和、ダーク、黒い渦、混迷。
それらは個人的な吐瀉物。
形はないのに色はある。透明な真っ黒が見える。

どうにもならない気がするよ、でも吐いてやりたい。でもそれでどうなる? ああああ